塗料の種類 耐用年数
アクリル 3~5年
ウレタン 5~8年
シリコン 9~12年
ラジカル制御 13~15年
フッ素 15~20年
無機塗料 20~25年
  • アクリル樹脂
  • アクリルは、主に新築の吹き付けで使用されることが、多く早ければ3年ぐらいでチョーキングが出たりもします。ニッペのDANユニなどが代表的と言えます。
  • ウレタン
  • ポリオールとイソシアネート化合物を反応させ、 ウレタン結合させた高分子化合物。シリコンが登場するまでは人気No.1の塗料でしたが、近年ではウレタンの溶剤系が附帯物に使用されています。ニッペのファインウレタンが代表的と言えます。
  • シリコン
  • ケイ素を核としたシロキサン結合をもつ無機化合物で、 非常に安定した物質。紫外線にも強く近年、一番出回っている塗料と言えます。ニッペのシリコンセラUVなどが代表的と言えます。
  • ラジカル制御
  • 顔料の主成分が酸化チタンで紫外線にあたり酸化チタン内からラジカルが発生します。ラジカルとは樹脂同士の結合を破壊し塗膜劣化の原因を作ります。発生したラジカルをバリヤー内に封じ込める高耐候酸化チタンの活用技術開発の成功により、さらにラジカルを捕まえる機能を持つ光安定剤の併用によりラジカル制御が誕生したようです。今では大手塗料メーカーからラジカル系塗料は販売されています。
  • フッ素
  • フッ素原子とセラミック変性樹脂と言う無機系の樹脂を配合し、3フッ素化の弱点を改良し新に誕生したのが4フッ素化のニッペ、ファイン4Fセラミックをはじめ各塗料メーカーから、発売されている実績のある塗料です。

おすすめの塗料は?

ざっとですが、塗料の説明をさせてもらいました。では結論からすると、どの塗料を選べばいいのか?

答えさせて頂きますと、ずばりシリコン、パーフェクトトップなどの塗料が、一番バランス(費用対効果)が優れているのではないかと思います。

シリコン10~13年、パーフェクトトップ13~15年の耐用年数と言われています。
価格的にも同じようなものです。実積のシリコン、これからのパーフェクトトップと二者択一で良いのではないでしょうか?

ガイナ、光触媒、フッ素、無機塗料と耐用年数は、シリコンを上回る塗料で、また断熱効果なども期待が持てるなど、かなりハイグレードな塗料である変わりに、施工価格もシリコンに比べ格段に上がってしまうわけです。
外壁だけフッ素、雨樋、破風板、霧除け、雨戸など、附帯部はシリコンで塗装した場合、外壁の耐用年数に対し附帯部の耐用年数との『バランス』が悪くなってしまいます。
オールフッ素だと予算もかなり上がります。

近年では、シリコンを超えシリコンとフッ素の間と言う位置付けにあるラジカル系塗料が、最も費用対効果の高い塗料と言えるのではないでしょうか、
発売から7年ぐらいと実積も出て来ています。各塗料メーカーも力を、入れている塗料なので大半の塗装業者は、安心して、お客様にお奨めしている塗料かと思われます。
これから先、実積も出てきて、シリコンと値段も変わらず耐用年数もシリコン以上となれば間違いなく名実共に費用対効果ナンバーワンです。

ガイナ、光触媒、フッ素、無機塗料と、高性能だけど高価であるため、まだまだ一般的な、塗料ではございませんが、ご予算にゆとりがある場合、視野に入れる価値もあるかと思います。