ー塗り替えの時期ー

外壁を手で擦ると白い粉のような物が手に付着するチョーキングと言って外壁の塗料が劣化している証拠とも言えます。早ければ新築から5年ぐらいでチョーキング現象が起こります。

クラックと言って外壁にヒビ割れが起こる現象で放置しておくと雨漏りの原因へと繋がる場合もあります。

サイディングの目地などに打ってあるコーキングにヒビ割れなど劣化が見られる場合、年数的にも外壁の劣化も見られるかと思います。コーキングの撤去、打ち替えが必要となるため、せっかく足場を組んでの作業なので外壁の塗り替えも同時に行う方が経済的と言えるかも知れません。

木の部分を木部と言いますが、木部は塗装の劣化が少し進むと簡単に腐ってきます。色褪せを感じたら塗り替えが必要かも知れません。

コケもびっしり生えてカラーベストの色褪せも進んでいるので、高圧洗浄でコケ、汚れを洗い流してからの塗り替えになります。